kirakira-pink

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライマーズ・ハイ
2008年7月5日より全国にて公開
2008,日本,東映、ギャガ・コミュニケーションズ
© 「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ

クライマーズ・ハイ

[STAFF]原田眞人
[CAST]堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、螢雪次朗、西田尚美、小澤征悦
命を追った、あの夏。
[STORY]1985年8月12日。群馬県、北関東新聞の遊軍記者・悠木(堤真一)は、同僚の安西との谷川岳衝立岩への登頂のための準備を進めていた。そのとき、通信社の速報が第一報を伝える。「羽田発・大阪行き日航123便が墜落した模様。乗客乗員524名――」。興奮入り交じる編集局の中で、悠木が全権デスクを命じられた。この未曾有の大事故を巡って、熱狂と苦悩に満ちた濃密な一週間が幕を開ける。そして、高揚と疲労が極限に達した悠木は、あるスクープを前に厳しい判断を迫られることとなる…。1985年に起きた日航機墜落事故を背景に、スクープ合戦を繰り広げる地元新聞社の記者たちの人間ドラマを描いた、横山秀夫の同名小説を映画化。(「cinema cafe.net」より)

「クライマーズ・ハイ」公式HP
******************************************************************************************
私事ですが、うちの父親が乗る予定だった飛行機です
事故をして遅刻をして、乗れなかった。。。
という、ある意味、自分には縁のある事故です。

とはいえ、この映画
あまり期待せずに挑んだんです
「どうせ記録映画のような内容なんだろうな・・・」と。

しかしながら、その予想とは違い
内容は、上記のストーリーにもあるように
新聞社のスクープ合戦の様相

ぶっちゃけ、暑苦しい映画(笑)
でもね、そこがおいしい

大きなアクションとか、CGとかあるわけではないのだけど
何故か肩に力がはいる

なんだか、してやられた感じです。

そうそう、今回の自分的な見もの
「堺雅人」くんです
大河ドラマ「篤姫」のあの「うつけお殿様」
大河ドラマと違って、かなり熱い役で・・・
はっきりいって、カッコイイ

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画
スピード・レーサー
2008年7月5日より公開
2008,アメリカ,ワーナー
© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

SPEED RACER

[STAFF]アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
[CAST]エミール・ハーシュ、スーザン・サランドン、ジョン・グッドマン、クリスティーナ・リッチ、マシュー・フォックス、ロジャー・アラム、真田広之、Rain(ピ)

「僕にとって、カーレースは単なるスポーツではない。生き方そのものなんだ。」
[STORY]カー・レーサーになるために生まれてきたスピード・レーサー(エミール・ハーシュ)。怖いもの知らずの彼にとって唯一のライバルは、レース中に命を落とした伝説のレーサー、崇拝してやまない兄のレックスである。兄の遺志を継ぐため、スピードはローヤルトン工業からの高額なオファーも断り、父(ジョン・グッドマン)が率いるレーシング・ビジネスを選んだ。だが、その結果スピードは、陰で不正を行うローヤルトンから脅される羽目に…。彼が愛する家族とカー・レーシングを救う手段はただ一つ、レースでローヤルトンを打ち負かすこと! 恋人・トリクシー(クリスティーナ・リッチ)の支えもあり、スピードは正体不明のレーサーX(マシュー・フォックス)と手を組み、兄の命を奪った難関のクロスカントリー・レース「クルーシブル」に挑む――。驚異的なスピードをもつ“マッハ5”に乗り、レース場の内外で栄光を夢見る若きカーレーサー、スピードの物語。『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟が、その巧みな映像技術で吉田竜夫原作のアニメ「マッハ GoGoGo」を実写映画化。(「cinema cafe.net」より)


「スピード・レーサー」公式HP
******************************************************************************************
やっとこさ、レビューをかけます(笑)

映画の冒頭からキラキラした原色に包まれた綺麗な画面で
当初、目がチカチカするかも??と思ったのですが
すっかり、ストーリーに入ってしまっていて、
途中からそんな事は、すっかり忘れていました

「マッハGOGOGO」の実写ということでしたが、
世代的に主題歌を聞いたことある程度。
でも、途中にその曲が挿入されているのは
バッチリ気づきましたヨ

クリスティーナ
アダムスファミリーで、有名なクリスティーナも
かなり綺麗になってます彼女のファッションもレトロでモダン。
女性としては、かなり勉強になります。いやぁ、可愛かった

ぴ
あとは、Rain(ピ)。彼の役所もカナリおいしい!!

ストーリー自体は、アニメが元なだけあって、
わかり易く、映像も先に述べたみたいに
キラキラで美しく
カーレースのシーンも車自体に興味なくても
手に汗握るスリル感

原作を知ってる世代も
知らない世代も
大人から子供まで楽しめる映画でした

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。